FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光

みなさんは、夜になったら眠くなっていますか。
朝は、スッキリ起きて動けていますか。

体には体内時計と呼ばれるものがあり、体のリズムを作っています。

朝になると段々と活動的になり、日が沈み夜になってくると段々と睡眠モードに突入してきます。
この作用も作っているのは、ホルモンです。
「メラトニン」と呼ばれるホルモンが、朝に日の光を感じると分泌が抑制されます。
簡単に数字で例えると、メラトニンがゼロに。
ゼロになってからは徐々に増え続け、だいたい14時間~16時間ぐらいで増えてきてマックスに、つまり100に!

このメラトニンが一番増えた時が最も寝る準備ができているという訳です。

また、日の光を感じると、セロトニンの分泌が始まります。
これは、体が活動的になるために必要です。
セロトニンが分泌することによって、交感神経が働き日中活動的になれるのです。

ですから、窓のない部屋の中で過ごすとすると、日の光を感じない訳ですからこのホルモンが分泌されずに体内時計は上手く働きません。

夜勤や睡眠時間がバラバラの人は、体内時計が整いにくいのです。
海外旅行での、時差ぼけも太陽の出ている時間が変わるので体内時計の調節が上手くいかないことで起こります。

まずは、朝の日の光をしっかりと浴びるように心がけましょう。
部屋の中で直射日光ではなくても、窓を開けておくだけでも効果はあります。
今の時期は、6時過ぎぐらいに明るくなってきますので、その時間に起床の方は外の明かりが入ってくるようにして寝るのもいいかと思います。

目覚まし時計ならぬ、目覚ましの明かりが販売しているようです。
起床時間の30分前ぐらいに、セットしてその明かりが点灯するようなものがあるようです。
照度の単位を「ルクス」といいますが、蛍光灯のルクスは500ぐらい。
晴天時日中の太陽は、10万ルクス。
最低でも、2,500ルクスないとスッキリと目覚めないと言われてます。
ある販売されているものは、1万3千ルクスの光がでるそうです。
まぶしすぎることはないようです。

しかし、このような道具を使わなくてもしっかりと朝に日の光を浴びて
体内時計を調節していれば、リズムは狂いません。

体調が悪すぎる人は、まずはたくさん寝ることも必要ですが、
動ける人は、朝に体の調整をするために外に出たり、軽く体操したりしましょう。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。